SSブログ

CD購入:BUG『BUGKILLER』 [音楽 -V系-]

CD買ったので感想の回。
今回は邦楽ロック系。
ジャンルとしては、ヴィジュアル系ね。
D'ERLANGERのkyo率いるバンド BUG(バグ)
2001年結成、2012年活動休止の4人組である。
1990年~1995年に活動していたバンド DIE IN CRIESのメンバー4人のうち、現ラルクのyukihiroを除く3人+ドラムで結成。
yukihiroがラルクに加入したのは、1998年頃だから、DIE IN CRIES 再結成にはならなかったのね。
結成時のメンバーが
Kyo:Vo (横須賀サーベルタイガー、DIE IN CRIES、D'ERLANGER)
室姫深:Gt (THE MAD CAPSULE MARKET'S、DIE IN CRIES、BLOODY IMITATION SOCIETY)
TAKASHI:Ba (DIE IN CRIES)
FURUTON:Dr (OBLIVION DUST)
の4人であったが、
ギターの室姫さんが脱退し、新たに GUNIW TOOLS の ASAKI が加入。
さらに、ドラムが、FURUTONから、Takeshi(Valentine D.C.)に交代し現在に至る。

入手したのは、2007年発売のベストアルバム『BUGKILLER』
BUG『BUGKILLER』.jpg(XNDC-10016/B)

これまで活動してきた中に発売されたのが、
1st『BUGMANIA』
mini1st『FREAK e.p.』
2nd『BZM#0021』
mini2nd『BUGNOID』
3rd『IMPOSSIBLE IS NOTHING』
mini3rd『BUGHAUS』
4th『BIORED』
5th『Seele Blume』
とあるが、前ギタリストの室姫深の時代の1stのものは収録されておらず、mini1st~5thまでをまんべんなく収録した全12曲。

全体的に、ギターASAKIの個性が出たデジロック曲が多く、リズム隊もきっちりかっちりの正確な感じ。
生っぽいバンドの音ではなく、結構無機質な感じである。
やっぱり良いのは、kyoさんの哀愁のあるしわがれハスキーな声ね。

何曲かは、生っぽいバンド感のモノもあって、スピーディーでメロディアスな感じで好印象。
kyoの声を活かすのは、こういった哀愁メロと、疾走感の曲だと思うのね・・・

彼の声が味わえるのがなんだか幸せ。

やっぱり、DIE IN CRIES とか D'ERLANGER の方がいいかな・・・

デジロック+哀愁メロ が味わえる作品。

ここは蛇足ですが、
CDのジャケット、CD帯が、豪華な金色仕様となっているのね。
素材の関係だと思うのですが、手で触れると、その部分が風化して、指紋が残るのね・・・
これ拭きとっても、取れないんだわ・・・
こういった、CDって、他にもあった気がするけど・・・・何だっけ???


BUGKILLER(初回限定盤)(DVD付)

BUGKILLER(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: BUG
  • 出版社/メーカー: DANGER CRUE
  • 発売日: 2007/07/04
  • メディア: CD
BUGKILLER

BUGKILLER

  • アーティスト: BUG
  • 出版社/メーカー: DANGER CRUE
  • 発売日: 2007/07/04
  • メディア: CD



nice!(17)  コメント(0)