So-net無料ブログ作成

CD購入@ラルクのソロ Ken&TETSUYA [音楽 -ラルク-]

最近すっかりバンド名を耳にしなくなったラルク
今年は結成20周年と云うことで、これからなにやら動きがあるようです。

さてさて、今回はラルク活動休止中に発売された バンドメンバーのソロ作品。
ギターのKenの1stアルバム『IN PHISICAL』
ベースのTESTUYAの2ndアルバム『COME ON!』
(知らないうちに tetsu から tetsuyaに改名されてます・・TSUTAYAみたいね)
kentetsu.jpg
(CD型番:DCCL6-7、KSCL-1717)

まずは、ken
音楽は完全なハードロック。
メロディアスな曲あり、ハード、スピード、バラードと、どれもがイイ感じ。
ボーカルとしての ken の声は、ハスキーで、ちょっと舌足らずで、甘っちょろい感じがして未完成なのだが、曲が良いために、そのあたりはカバーできているかな。
ギターも弾きまくりで、独特のミュートしたような音のままの早弾きがプレイが目立つね。
LUNA SEAの真矢もドラムとして数曲参加しているようだけれど、バックの演奏もしっかりしていて違和感なし。
これを hyde が歌っていたら、もっと雰囲気変わって、さらにカッコよくなったんだろうに・・・
と思ってしまうアルバムでした。



でもって、TETSUYA
こちらは完全に、ポップ。
軽快な曲ばかりで、演奏も軽め。でもって、ボーカルは軽めの甘い声。
曲の中では、おっ!! と思えるメロの部分もあるが・・・
ボク的には軽過ぎ。。
1曲ハードでかつスピードメロディアスな「EDEN」が印象的で、後はメロディアスポップ。
共同プロデューサーとして、Die in Criesの伝説のギタリスト 室姫深 の名前があるのだが・・・
本人はソロ楽しんでいるんだろうな・・・とは感じられるアルバムでした。



という事で、ラルクのソロ2枚でした。
やっぱ、バンドってヴォーカル大事やね。
これが変わるだけでも、ガラッと印象変わるだろうし、他のメンバーの楽器が入るだけでも曲の雰囲気が変わるんだろうね。
ラルクはやはり、個々の個性を上手くブレンドする方が良いんじゃないかな・・・と感じました。
タグ:ラルク
nice!(25)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 25

コメント 2

rtfk

ラルクのベースの人は上手だと思います(^m^)
by rtfk (2011-05-12 07:51) 

まちびとん

☆ rtfk さま
良きメロディーメーカーであるのは間違いないと思います。
ボーカルとしては、ジャニーズっぽい気がしましたね。
普通のレベルは軽く超えているんだけれど、ラルクってことで、それ以上を期待しちゃうんですよね。
by まちびとん (2011-05-15 07:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0